FC2ブログ

記事一覧

東武10000系エコノミーキット製作記その4

その3から続きます。赤いラインは9050系と同じようにメタリックシルバーのシール紙に印刷したものを細く切って貼りつけます。正面のライトも同じくシールで表現。ベンチレーターは足がちょっとくどく感じたので横に出ている部分を切り落としてしまいます。クーラー、避雷器ともどもいつものガルグレーで塗装。ここで問題発生。屋根裏のガイドを元にしてクーラーと避雷器の取付穴を開けておいたのですが、避雷器の方がちょっと本来...

続きを読む

東武10000系エコノミーキット製作記その3

その2の作業をしている間に、中間車4両分と足りていなかった部品が届きました。すでに塗装まで終わっている4両に合わせて残り4両を組み上げていきます。ここでちょっとだけ問題が出ました。この中間車二両セット、パンタ付きの屋根×1とパンタなしの屋根×2が入っていてそっちは問題ないのですが、妻面が配管のあるもの×4と配管無しのもの×1という構成になっていて、これではそのままだとこの二両セットからパンタグラフ無し...

続きを読む

東武10000系エコノミーキット製作記その2

その1では前面の加工まで行いました。そのほかは基本素組ですが、動力車だけは動力を組み込むためにリブの一部を削っておきます。私はマスキングを失敗しやすいので極力屋根と車体は別塗装にするのですが、このキットは張り上げ屋根でキットの分割線と雨桶の位置が一致していないように見えたので、今回はとにかく屋根と車体をまとめて組み上げてから塗装することにいたしました。いつものようにマスキングテープで仮止めしつつ流...

続きを読む

東武10000系エコノミーキット製作記その1

実は東武9000系二編成のジャンク品を手に入れるちょっと前に、9000系の先行試作車9101Fを加工して作る素材としてグリーンマックスの東武10000系エコノミーキットを買っていました。しかしそのすぐ後に鉄道コレクションでその9101Fの発売予定が発表され、さらに前述の9000系ジャンク編成を手に入れてしまったことで、わざわざキットから9101Fを作る気力は完全に喪失。しかしキットはあるのでどうせならそのまま10000系を作ろう、と...

続きを読む

東武8000系新前面4R編成(GM塗装済キット組立)

以前GM塗装済キットから製作した東武8000系初期修繕車タイプに増結して東上線でみられた10両編成にするのなら、更新された新前面タイプの4連を同じGM塗装済キットで作るのが一番いいと思っていた中、運よくヤフオクで安めに手に入れることができました。今回も前回にならってさくっと作ります。このキットには台車と動力は付属していませんが、今回は付属編成にするので動力は無し、台車は手元に余っていたFS396(東武ミンデン)を...

続きを読む

ポーラムービングサロン「APEX](1号車)

以前、ポポンデッタ製のダイキャスト製バスモデル、ポーラムービングサロン「B.A.」(2号車)を購入したことは記事にいたしましたが、その後結局もう一台の1号車も買ってしまったので、ここでご紹介いたします。2号車とは正反対の白基調のラッピングです。どちらかというとアートっぽかった2号車に比べ、商品である化粧品を中央にしっかりあしらったデザインです。ただ数字の羅列をグラデーションのようにしているのがやっぱり...

続きを読む

東武9050系(GMキット加工品)

改めて、東武9050系です。加工内容は下記の過去記事を見ていただければと思います。東武9050系レストア記(GMキット加工品)その1その2その3その4その5その6その7その8東武9000系は現在も活躍するリニューアル後とかつて見られたリニューアル前の量産車(9102F~9107F)がマイクロエースから、先行試作車の登場時がトミーテックの鉄道コレクションからそれぞれ製品化されていますが、コルゲートの省略されたマイナーチェン...

続きを読む

東武9050系レストア記(GMキット加工品)その8

その7で失敗した前面をIPAで塗装をはがしてからの再塗装をいたしました。そして帯シールと車番インレタを入れて、ジャンク品から漁って組みたてたダミーカプラーも取り付け。ライトも上下まとめて開口し、1mm厚透明塩ビ板から切り出したレンズをはめ込んで極細に切ったメタリックテープを中央に貼って上下を分割・・・少しはまともになりましたがまだまだ厳しいです。行き先方向幕のステッカーのついでに、ライトケース、ワイ...

続きを読む

東武9050系レストア記(GMキット加工品)その7

前回その6でガラス窓も作っておいたところで、とりあえず前面の両側に0.3mm厚プラ板を貼って額縁を膨らませます。そしてライトはとりあえず穴を開けてみようと思い薄墨を塗ってモールドがよく見えるようにしました。額縁は自然な感じに紙やすりで成形。それからライトケースを0.5mmドリルとカッターの刃先で開口してみます。遠目に見るとそこそこですが・・・我ながら不器用ですね(汗ここまで来たところで、一つ思いついて帯...

続きを読む

東武9050系レストア記(GMキット加工品)その6

その5で前面の小ささを何とかするとしていましたが、その前に窓ガラスを作ります。基本はこちらで紹介しているやりかたです。まずはメンティングテープを貼って窓の形を縁取ります。それを塩ビ板に貼って切り出し・・・形を整え、窓にほぼぴったり入るように整えました。成功率はさほど高くないので余分に作っておきます。それを別の塩ビ板の上に載せ・・・専用接着剤を浸透させ溶着します。透明度の高い成功品を切り出してその7...

続きを読む

東武9050系レストア記(GMキット加工品)その5

その4での加工に基づいて、さらに4両の組み立てまで終えました。これで中間車は形になったので、先頭車の製作を始めます。と言っても側板や屋根の塗装自体は中間車と一緒に済ませています。グリーンマックスの東武ステンレス車用インレタから車番や社紋を拾って側板に転写します。ここには9102Fの車番が10両分ありますので三桁目の「0」だけ転写せず、そこに別の番号から「5」を拾って入れてあります。ここは中間車も同様です。...

続きを読む

第五回小田切鉄道模型文化祭レポート

前回告知いたしました第五回小田切鉄道模型文化祭は先だっての6月29、30日に無事に開催、つつがなく行うことができました。今回は開催場所は一緒ながら公民館から交流センターに組織変更があったこともあって、敷地内での物産販売が可能になりましたので、事前にマスコミにも情報を開示し、ラジオや市報などでささやかながら宣伝もしていただけました。そのためなのか、雨天にもかかわらず前回以上の来場者を数えることができまし...

続きを読む

東武9050系レストア記(GMキット加工品)その4

その3で先行して作ってみた4両の仕上がりにちょっと物足りなさがあったので、次の4両は塗料を落とした後、グレーのサーフェイサーを吹いて少し暗い銀にすることにします。少しだけ暗い銀にしたところで・・・画像越しだとちょっとわかりづらいですが・・・、エナメル塗料のメタリックグレーをドアの枠に塗ってみました。ややオーバーな表現ですが、銀一色ののっぺり感が薄まります。屋根にモールドされた雨どいはメタリックテー...

続きを読む

東武9050系レストア記(GMキット加工品)その3

その2から続きます。下地はホワイトサーフェイサーを使って白にしてみました。この段階ではあまり深く考えていません。とりあえずそれがあるからこれでいこうみたいなノリです。その上でシルバーリーフを吹きました。かなり明るい銀色になります。マルーンの帯とスピーカー、ルーバーは予定通りステッカーを自作して切り出し貼りつけます。帯については塗装した方が綺麗になるのは重々承知していますが、失敗してもやりなおすのが...

続きを読む

第五回小田切鉄道模型文化祭

小田切鉄道模型文化祭も第五回の開催を迎える運びとなりました。令和最初の文化祭は6月29、30日の開催です。今回からは前回と違って、小田切公民館の2階での開催となります。参加無料の運転会をメインとするのはかわりませんので、前回同様皆さんと盛り上がりたいと思います。私も可能な限りスタッフとして参加させていただく予定です。これまでに引き続き拙作を持ち寄り隅っこで展示したいと思ってますので、興味持たれましたら...

続きを読む

東武9050系レストア記(GMキット加工品)その2

(その1から続きます)とりあえず4両分の塗装剥離が終わりました。屋根は一日から二日IPAに漬けていれば剥離できましたが、側板は銀色もマルーンの帯もかなり強固な塗膜で3~4日かかりました。塗装のついでにスピーカーとルーバーのパーツもはがれてしまったので、その部分のコルゲートを削ります。正直適当ですが、塗装後シールを貼りつけるので多少粗くてもそこそこ見られるだろうと踏んでいます。パンタ付きモハの屋根はコル...

続きを読む

東武9050系レストア記(GMキット加工品)その1

先日、ヤフオクでちょっと変わったジャンク品を落としました。かつてグリーンマックスから販売されていた東武10030系の塗装済板キットを加工して9000系とした10両編成を二つまとめてジャンク品として出品されたものです。商品画像の時点でかなり状態は良くないのは分かっていましたが、ニコイチで一編成綺麗に作り直してあげられればそれでよし、最悪ブックケース二個に動力と台車だけでも使えれば・・・と思って入札したのですが...

続きを読む

国産鉄道コレクションEF58

前回のEF66のついでにこちらも手に入れてました。結果的にダブってしまったTomixEF58お召しの動力を入れられないかなという発想です。いつもながらの感想ですが、低予算にしては結構頑張っているのではないでしょうかという造形です。正面窓上の水切りが無く、信号炎管もないですね・・・登場時の仕様なのでしょうか?正直、EF66よりは勝算を持っていました。TomixですのでKATOよりも小さい動力だからです。実際並べてみると、ほ...

続きを読む

EF66(国産鉄道コレクション動力化)

ちょっと思い立ってこんなものをオークション経由で手に入れました。前回KATOの旧EF66を整備したときにニコイチにしたのでその動力が余っており、何か活用できないかなと考えていたのです。こういうもったいないを解消するためにさらにお金を使うことは賢明ではないとわかってはいるのですが…。どうせなら変わったEF66を手にしたいと思い、民営化直後に見られた塗装を再現したというこちらを取り寄せたのです・・・が。到着したモ...

続きを読む

プロフィール

moritaku

Author:moritaku
当ブログへようこそ。
下手の横好きですが趣味のNゲージについての記事を載せていきます。備忘録代わりですのであまりタイムリーではありませんし、更新頻度も高くはありません。
記事で不明な点やご意見、ご要望などがありましたらコメント欄なりtwitterなりでお気軽にお尋ねくださればできる限りお答えいたします(コメントはスパム対策のため一応承認制にさせていただいております)。
twitterはこちら
ブログ内のコンテンツは全てリンクフリーです。

※2018年8月17日:東京メトロ7000系に追記しました。



↓参加してます。リンク踏んでいけると私のランキングが上昇します。何分私俗物ですから大変うれしくなりますのでご協力いただけるとありがたいですm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

アクセス数

ランキング