fc2ブログ

記事一覧

JR東日本485系特急色(TOMIX旧製品小加工)

中古で安く手に入れたTOMIXの旧製品485系を、長野新幹線開業直後ごろの新潟運転所所属車をイメージした6両編成に仕立てました。そのころ短い間でしたが長野駅まで顔を出していた特急みのりとしています。小加工記事はこちら。その1その2その3その4その5今回の目玉、クロハ485-1000番台です。クハの室内だけ改造した車両ですので、簡単に再現できるお手軽加工の例としてよく知られていました。やっつけですが室内も一応いじっ...

続きを読む

489系あさま色(TOMIX旧製品)

TOMIXの489系のセットをまた縁あって格安で手に入れました。現行のHG製品ではなく、碓氷峠ブームの中で発売された旧製品です。9両セットで購入しましたが、当時は5両基本セットに2両増結セットを二つ足す構成だったと記憶しています。説明書とシールは欠品でした。格安だったので文句は言えません。TOMIXはかなり古くから485系1000番台を発売しており、HG製品に切り替えるまでは一部をマイナー修正しつつも基本はその使用のままバ...

続きを読む

JR東海仕様381系(TOMIX・宮沢模型製品加工)

これまで加工内容ごとに記事にしてきた381系の古いモデルですが、結果としてJR東海仕様のしなの編成が二つ完成したので、改めて記事に起こさせていただきます。種車にしたモデルはこちら381系パノラマしなの(宮沢模型製品)381系(TOMIX旧製品)加工内容はこちら各部色差しグレードアップ小加工ヘッドマーク改善疑似振り子機構付与クロ381-0番台を作るもともと国鉄時代に381系化されたしなのは、クハ-モハ-モハ’-サロ-モハ-モハ’-...

続きを読む

381系(TOMIX旧製品)

実は前回紹介したパノラマしなのと同時に、別口からTomixの381系のセットをかなりお安いお値段で落札していました。説明書無し、特急シンボルマーク無し、パンタグラフ一つ欠損という、中古品としてはまあよくある話なのですが、説明書以外はパーツで分配されているものなので大きな問題ではありません。手に入れたのはクハ×2、モハM4M’×2、サロ×1という極めてオーソドックスな編成です。紀勢線のくろしおや伯備線のやくもなら...

続きを読む

381系パノラマしなの(宮沢模型製品)

381系のしなのは一度だけ乗ったことがあります。すでに383系が大量に配備され、定期運用から外れ、パノラマしなのと呼ばれるパノラマグリーン車をつなげた二編成のみが主に白馬行きの臨時列車に充当されていた、最後の活躍の頃でした。名古屋から長野に帰るときにちょうどこの381系しなのが来たので飛び乗ったのですが、白馬行きでしたので持っていた特急券は松本から先が無効になってしまいます・・・それを検札に来た車掌さんも...

続きを読む

583系(KATO旧製品)

しばらく前のことですが、ふらりと寄ったブックオフでKATOの583系6両セットが5千円ほどで売られているのを見て、少し悩んだ上で購入したことがありました。ケースは「Ntrain」の表記の年代物で、どうやらKATOが583系を出したばかりのころの初期製品のようでした。今ではリニューアルされたモデルが市場に出回っています。もっとも旧製品も十分に優れたディティールを持った良製品ですので、お買い得であったとは思うのですが・・・...

続きを読む

781系(マイクロエース製品)

マイクロエースがそれまで模型化に恵まれなかった781系を発売したのが2002年、それ以来、たびたびバリエーション展開しながら生産されてきました。その後、マイクロエースの生産体制が不安定になってきたころに、KATOからより設計の新しくよりシャープなモデルが発売されてしまいましたが、10年以上にわたって国鉄型特急電車の大きな穴を埋めてきた功績はとても大きいと思います。私は2004年発売の、特急色で運転席上にスタビライ...

続きを読む

189系「信越リレー妙高号」(KATO製品小加工)

以前、中古ショップにてこのタイトルで売られていたKATOあさま色189系のアソート品を購入し、若干の加工を施したものです。189系で運行されていたあさまは長野新幹線の開業後はその任を解かれ、グレードアップ編成は中央線のあずさ用に転属、非グレードアップ編成は6連にまとめられて長野~直江津間の快速に充当されました。それがこの信越リレー妙高号です。このアソート品は、グレードアップあさまとして発売されていた商品の中...

続きを読む

JR東海383系(KATO製品)

このブログのタイトルにもある長野県の旧国名「信濃」の名を冠した長野~名古屋間の中央西線特急「しなの」には、国鉄時代から日本最初の営業用振り子式電車381系が充当されてきましたが、JR東海となってしばらくして、その後継となる383系が登場、現在に至るまで木曽路を快走しています。人気の高い電車でしたので、KATOから振り子機構を搭載したE351系が発売されてからはとくに製品化を望む声は高かったにもかかわらずなかなか製...

続きを読む

489系白山(TOMIX製品)

碓氷峠関連商品の中でも、ブームが少し落ち着いてきたころに発売されたのがTOMIXの白山だったとおもいます。白山に使用されていた頃はボンネット車ながら特急色より派手な装いで、シックなあさまのサブ的な立ち位置だったからかファンの注目度において一歩譲っていたのかもしれません。この編成はその後も夜行急行能登で使われ続け、なおしばらく上野口で見られたこともあったのかもしれません。白山と言えば信越本線経由で上野と...

続きを読む

JR東海373系(TOMIX製品)

身延線や飯田線のローカル線区の優等列車をはじめ、急行東海や大垣夜行の格上げ運用に使用する汎用特急電車として、まあ要するに165系電車の後継としてJR東海が開発したのがこの373系でした。TOMIXから製品化され、私も基本セットと増結セットを一つずつ購入しております。すでにHGシリーズが定着していた頃でしたが、先頭車にはボディマウントTNカプラーを装備しているものの、HGではないややリーズナブルな製品としての商品化で...

続きを読む

185系「シュプールフルフル」(マイクロエース製品)

D51より始まった、かつてのマイクロエースのブランド名を引き継いだ有井製作所のNゲージ商品ですが、初めての電車シリーズとなったのが、旧マイクロエースが発売していた185系を改良復刻させたものでした。ただそのラインナップがKATOやTOMIXがまだ手を付けていなかったリニューアルであるEXPRESS185とこのシュプールフルフル号であり、いまでこそ綺麗にラッピングの印刷がなされたNゲージ商品は数知れずありますが、当時...

続きを読む

189系「さよならあさま」(KATO製品小加工)

長野新幹線(現北陸新幹線)の開業により廃止になった横川~軽井沢間の在来線碓氷峠区間。その後しばらく鉄道模型業界でもブームになって、大手二社から様々な関連商品が発売されました。このKATOさよならあさまセットもその一つです。私もそのブームにあやかって基本+増結×2のフル編成で購入しました。そのうえで、一体成型のベンチレーターを交換、屋根の塗り分けを行い、横川側のクハにTNカプラーを装備させています。今とな...

続きを読む

プロフィール

moritaku

Author:moritaku
当ブログへようこそ。
下手の横好きですが趣味のNゲージについての記事を載せていきます。備忘録代わりですのであまりタイムリーではありませんし、更新頻度も高くはありません。
記事で不明な点やご意見、ご要望などがありましたらコメント欄なりtwitterなりでお気軽にお尋ねくださればできる限りお答えいたします(コメントはスパム対策のため一応承認制にさせていただいております)。
twitterはこちら
ブログ内のコンテンツは全てリンクフリーです。

※2023年2月23日:JR東海仕様165系(KATO製品)に追記しました。



↓参加してます。リンク踏んでいけると私のランキングが上昇します。何分私俗物ですから大変うれしくなりますのでご協力いただけるとありがたいですm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

アクセス数

ランキング