fc2ブログ

記事一覧

東武9000系量産車(マイクロエース製品)

前々から欲しかったマイクロエースの東武9000系登場時を手に入れました。今や副都心線系統の最古参となってしまった電車ですが、やはりリニューアル後の姿の方が人気もあって数も出回っているのか中古市場でも見かける割合は少なかったのですが、ヤフーオークションでそこそこの値段で出品されていた基本セットがありましたので落札、すぐに市場に残っていた新品の増結セットを手に入れて10両編成揃えた次第です。年末賞与に重ねた...

続きを読む

東武350系(鉄道コレクション)

ポポンデッタの羽生店に立ち寄る機会がありまして、そこで東武商事限定の鉄道コレクションが新品で発売されていたので、その中からこれを選んで購入してみました。東武350系です。東武1800系は急行りょうもうの任を解かれた後、6連のまま300系に改造されたもの、4連に組成されて350系に改造されたもの、通勤用に改造されたもの、そのまま波動用のとして残ったものとありまして、とくに350系は1800系6連2本から4連3本を改造によっ...

続きを読む

東武3000系(トミーテック鉄道コレクション)

東武3000系は東武商事の限定品として発売されたのですが、たくさん作ったからなのか人気が今一つだったからなのか、今でも東武マーケットで買えるくらいには限定品ながら購入しやすい鉄道コレクションです(ものすごく失礼なこと言っているような気がしますがスルーしていただけると幸いです)。私もそのうち買おうかなと思っていたのですが、ヤフーオークションで動力付きのものがかなりお安いお値段で売りに出されているのを見て...

続きを読む

東武1800系1819F(マイクロエース製品)

東武鉄道においてDRC、スペーシアなどの日光・鬼怒川線特急きぬ・けごんと並んで長年親しまれてきたのが、伊勢崎線系統のりょうもう号です。観光輸送をメインとするきぬ・けごんに対して、通勤やビジネス利用をメインとするりょうもう号は、現在でこそ200系電車による特急となっていますが、赤い車体の1800系による急行時代の印象が強い方も多かろうと思います。この赤い急行電車、東武好きの私としては欲しい模型の一つでしたが、...

続きを読む

東武8000系セイジクリーム6両編成(トミーテック鉄道コレクション)

東武8000系と言えばセイジクリーム一色、という意見は大変多く、新塗装になってから通学で利用した私もそこは賛同せざるを得ないところです。私にとってセイジクリーム色の東武8000系の思い出は二つありまして、一つは小学生の頃の林間学校で日光に行く際、団体貸し切りでこの8000系に乗った記憶が微かに残っています。もう一つは子供の頃に読んだ特急図鑑の私鉄コーナーでDRCやりょうもう号とともに、東武東上特急がでかでかと紹...

続きを読む

東武9000系9101F現行仕様(トミーテック鉄道コレクション)

東武鉄道9000系は量産車が作成され当時の営団有楽町線と相互乗り入れする6年も前に先行試作車として第一編成(通称9101F)が登場していたのは有名な話です。9101Fはその後量産車に準じる改造を受けて量産車と同様に直通仕業に携わり、私も若いころはよく森林公園まで通学に乗り合わせたものです。もっとも量産車に比べて故障が多かったらしく、副都心線開業後のホームドアに適合しないということもあり、現在は地上線用として最後...

続きを読む

東武6050系(グリーンマックス完成品)

東武6050系は未塗装板キット、塗装済一体成型キット、そして完成品と変遷を重ねてきましたが、長らくグリーンマックスの代表的な製品の一つです。ことに現行商品である完成品の造形は素晴らしく、いずれ手にしたいと思っていたのですが、たまたまヤフオクで即決価格8000円で売りに出されているのを見つけて、とにもかくにも落札いたしました。思えばグリーンマックスの完成品を買うのはこれが初めてです。仕様としてはベンチレータ...

続きを読む

東武10030系・10050系(グリーンマックス塗装済キットジャンク再生)

以前GMキットのジャンク品から9050系をレストアした結果、ダメージ深いものも含めまだ7~8両分のジャンク車体が残ったので欲をかいて10030系も作り直してみようと思い、さらに欲をかいてどうせなら東上線でよく利用した10両編成にしようと思い、またまた欲をかいていっそ10030系と10050系を同時に楽しめる4両編成+6両編成にしようと考えました。さすがにそれでは手持ちの残パーツでは無理なので、ちょうど10030系4両編成分の動力...

続きを読む

東武10000系(グリーンマックスエコノミーキット製作)

ほぼ素組で完成したエコノミーキットの東武10000系。かなり出来の良い完成品がグリーンマックスから発売されている今となってはわざわざ作る価値がどれほどあるのかなと思いますが、作り方によっては完成品よりずっと安くそろえられますので、こういう選択肢も残っていて欲しいなと思う今日この頃です。製作過程は下記をご参照ください。東武10000系製作記 その1 その2 その3 その4ケースは余っていたマイクロエースの物を...

続きを読む

東武8000系新前面4R編成(GM塗装済キット組立)

以前GM塗装済キットから製作した東武8000系初期修繕車タイプに増結して東上線でみられた10両編成にするのなら、更新された新前面タイプの4連を同じGM塗装済キットで作るのが一番いいと思っていた中、運よくヤフオクで安めに手に入れることができました。今回も前回にならってさくっと作ります。このキットには台車と動力は付属していませんが、今回は付属編成にするので動力は無し、台車は手元に余っていたFS396(東武ミンデン)を...

続きを読む

東武9050系(GMキット加工品)

改めて、東武9050系です。加工内容は下記の過去記事を見ていただければと思います。東武9050系レストア記(GMキット加工品)その1その2その3その4その5その6その7その8東武9000系は現在も活躍するリニューアル後とかつて見られたリニューアル前の量産車(9102F~9107F)がマイクロエースから、先行試作車の登場時がトミーテックの鉄道コレクションからそれぞれ製品化されていますが、コルゲートの省略されたマイナーチェン...

続きを読む

東武8000系初期修繕車タイプ(GM塗装済キット組立品)

東武8000系と言えば今でこそマイクロエースから完成品が出て、トミーテックからも鉄道コレクションが各種出ていますが、長らくグリーンマックスのキットを組みたてるのが定番でした。古くはNEW電車シリーズとしての板キットに始まり、何度かの改修を経て最終的には塗装済一体成型キットになっています。その塗装済キットを組みたてたものがジャンク品として立ち寄った中古ショップにぶら下がっていたので購入してみました。余剰パ...

続きを読む

東武SL「大樹」(マイクロエース製品・KATO製品加工)

これまでにご紹介したC11-207号機、ヨ8000、14系座席特急客車、DE10暖地型を使って、東武鉄道鬼怒川線で活躍するSL大樹号を編成します。雰囲気を出すためそれなりに加工しましたが、ブログタイトルのようにあくまでゆるくいきますので、タイプ的なものになるのはご了承ください。それでもマイクロエースから製品化予告がされている大樹の購入の判断の一助にしたり、また各自で大樹の編成をこしらえる際に少しばかりでもご参考にな...

続きを読む

東武100系「スペーシア」(TOMIX製品)

1990年、それまでのDRCに代わり、東武の新しい看板特急用車両として登場したのが100系スペーシアでした。時はバブル景気真っ只中、いかつく渋いDRCより洗練され、さわやかで、豪華な内装を備えたこのスペーシアは大きな話題となりました。そのスペーシアを最初にNゲージ製品として発売したのはグリーンマックスでした。未塗装板キットにはめ込みガラスやデカールを添付した豪華なキットで、見事作り上げるのは大変そうでしたし、お...

続きを読む

東武ヨ101形(鉄道コレクション)

東武5010形をいじくっているうちに、やはり車掌車も欲しくなってしまい、通販でまだ在庫が残っているのを確認して鉄道コレクションの東武ヨ101も購入しました。最初に出た緑色のものと後に出た茶色のものがありましたが、私は鮮やかな前者を選びました。ED5010以上に細かく壊れやすそうなユーザー取り付けパーツでいっぱいです。予備も無いので気合を入れて一発勝負です。パーツを全部取り付けたうえで、カプラーをKATOカプラーに...

続きを読む

東武ED5010前期形(鉄道コレクション)

東武鉄道はかつてミニ国鉄とも呼ばれ、北関東をくまなく回る路線網で貨物鉄道が盛んにおこなわれていました。鉄道コレクションで小型電気機関車が製品化されるようになると、その東武鉄道で活躍していた各タイプのEDが次々と発売されました。そのうちの一つがこのED5010前期形と題された商品で、ナンバリングの「5015」は東上線で活躍したのちに東武博物館に収蔵され、静態保存されています。商品構成としては鉄道コレクションの基...

続きを読む

東武5700系晩年仕様(鉄道コレクション)

東武鉄道5700系は最初に事業者限定商品として発売されたのち、しばらくして正規の鉄道コレクションとしてオープンパッケージで発売されました。長らく優等列車として活躍したこの車両は、国鉄型とは少し違った「古さ」「かっこよさ」のある電車であり、塗装もたたずまいも大変私好みの車両です(実際にこの目で見たことはないのですが)。実車は主に2両×3の6両編成で運用されていたようですが、私は2セット買って動力を組み込...

続きを読む

東武鉄道7300系(鉄道コレクション第9弾)/7820系(鉄道コレクション第23弾)

私は以前国鉄62系目当てに第9弾を2セット買い、その副産物として同じ第9弾に入っている東武7300系も2両×2の4両編成を手に入れていました。東武DRCのお供にちょうど良く気に入っていたのですが、第23弾でよりポピュラーな7820系が封入されているのはスルーするつもりでした。古い東武の電車は手持ちの7300系4両あれば十分だと思っていましたし、第23弾はセレクトされた車種がバラバラで箱買いする気にはならなかったためです...

続きを読む

東武1700系DRC(マイクロエース製品)

私は子供の頃から電車が好きで、子供向けの図鑑などをしげしげと眺めていたものでした。そこで代表的な私鉄特急として近鉄のビスタカー、小田急のロマンスカー、西武のレッドアローなどとともに紹介されていたのが東武のデラックスロマンスカーでした。しかしながら早くからNゲージの製品に恵まれた他社の特急電車と違って、このデラックスでロマンスなカーは長らくNゲージの製品化に恵まれていませんでした。このものすごく武骨で...

続きを読む

プロフィール

moritaku

Author:moritaku
当ブログへようこそ。
下手の横好きですが趣味のNゲージについての記事を載せていきます。備忘録代わりですのであまりタイムリーではありませんし、更新頻度も高くはありません。
記事で不明な点やご意見、ご要望などがありましたらコメント欄なりtwitterなりでお気軽にお尋ねくださればできる限りお答えいたします(コメントはスパム対策のため一応承認制にさせていただいております)。
twitterはこちら
ブログ内のコンテンツは全てリンクフリーです。

※2023年2月23日:JR東海仕様165系(KATO製品)に追記しました。



↓参加してます。リンク踏んでいけると私のランキングが上昇します。何分私俗物ですから大変うれしくなりますのでご協力いただけるとありがたいですm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

アクセス数

ランキング