fc2ブログ

記事一覧

ヨ8000(TOMIX製品)

明けましておめでとうございます。
今年も週に1度~三週に1度程度のペースで何かしらの記事を上げていければと思います。どうぞよろしくお願いします。
また皆々様の今年のご健勝とご活躍をお祈り申し上げますm(__)m






ヨ8000A
ヨ8000という車掌車はかなりKATOとTOMIXの両社によって古くから製品化されていましたが、とくにTOMIXのものは古くからテールライトが点灯仕様とされ、非点灯のKATO製品とはっきりと差別化がされていました。リニューアルを重ねて現在でもTOMIXの代表的な貨車の一つとして生産されています。
前回ご紹介した二つ目のC11と一緒に購入しました。狙いはまあ、お察しの通りですが、ここではとりあえず製品そのままをご紹介したいと思います。



ヨ8000B
開封して、線路に乗せたときの感想は「・・・よくできてる」の一言です。定価がテールライト点灯することを踏まえても一両2400円と大変高価な車両ですが、それも仕方ないなと思えるほど各部が細かく造形されています。
細かい表記類のレタリングも、細密感に大きく役立っています。



ヨ8000C
ブレーキハンドルのある側と無い側の作り分けもしっかりなされています。そしてテールライトはどちらも光ります。



ヨ8000D
唯一の欠点は、床下に集電版の銅色が見えてしまっていること。ただテールライト点灯のためなので仕方のないところですし、どうしても気になるなら黒い細マジックででも塗ってしまえば済むところです。



ヨ8000E
KATOのヨ3500と比べて。ヨ5000やヨ6000などまで続く昔ながらのスタイルも味があって好きですが、ヨ8000の開放的なデッキ周りの構造には新しさが感じられます。



ヨ8000F
どちらもテールライトは点灯します。だらだらとつなげた貨車の最後に付けると本当に引き締まってよいものです。



ヨ8000G
とりあえずKATOカプラーに交換しました。TOMIXの貨車でも台車でも、アーノルドカプラーとそのまま交換するとゆるゆるになってしまうので元々ついていたスプリングをそのまま利用しています。特殊な構造でなければこれで大きな問題はありません。


ヨ8000H
比較的後期の貨車につなげて、車掌車の付いていた最後の頃の貨物列車を再現するのにとても好適です。と言うか非常に好ましくて本来の目的に使うのがもったいなくなってしまいました。悩ましいところです。



ヨ8000I
本来の目的。
これもこれで素晴らしいのです・・・ニヤニヤしちゃうのです・・・。困りました(苦笑)。
関連記事

コメント

緩急車の効能

たびたび失礼します。解結貨物最後尾には緩急車の類をぶら下げたいものです。現役貨物列車で見たのはJR化後に成田線佐原駅を通過する鹿島線貨物が一度だけ。前半コキ後半タキの混成で、コキタキの境目にヨ8000が挟まり列車掛が乗務してました。昨今だと東武の「大樹」でC11直後にくっ付いている東武のヨ8000が有名でしょうか。

ガキの頃はプラレールで遊ぶ時必ず車掌車をぶら下げ、N始めたらKATOと tomixのヨ8000がぶら下がってました。

最近は他の完成品緩急車が数両加わり、ヤフオクで仕入れたKATO製ワフ29500を両側尾灯点灯化したものも加わりました。やはり尾灯点灯式には視覚的効果あります。あとは白マーカー各種で手ブレーキ側の白いマーキングを数カ所追加しました。

これらは少し連結が面倒なのは承知で、小降りなKATO製車間短縮ナックルに全車交換しました。KATO製二軸貨車用カプラーポケットは後方(車体中心側)に大き目の開口部があるので、ブックケース中敷余りのウレタン片を小さく切り出しナックル保持をしてます。

GM製ナックルを使えば更に小さくできますが、カトカプなどの通常ナックルタイプとの連結が難しいので使わず。

KATOワンコイン貨車シリーズのヨ6000初代はマッハ模型の発光テルライトを使って強引に両側尾灯点灯化しました。古いプレイモデル誌を参考にしたものです。一時は主力でしたが……真面目に就職してからしばらく遊んでいなかったら、通電接触の微調整が上手くできなくなり事実上引退です。

2両目のヨ6000はマイクロ製シキ800の控え車として追加しました。TN装備機関車で曳く時に挟みます。シキにTN付けるのも可能ではありますが車端部の細かいディテールを壊す可能性を減らす為です。シキのブックケースには余裕があるので控え車ヨ6000収納部を切り込みました。

短く済ませようと書き始めましたが、結局は毎度の如く締まらない駄文と化しております。申し訳ありません。

Re: 緩急車の効能

秋津のOBさま、いつもコメントありがとうございます。
現実の貨物列車では緩急車が使われなくなって久しいですが、模型の世界ではいつまでも楽しみたいものです。
ただ古いものは古いなりの仕様ですので、グレードアップに挑戦したくなるのもわかります。とくに尾灯の点灯化はポピュラー多くのモデラーを悩ませてきたものです。
ですので、アイデアや失敗、悩みなどはどんどんモデラー間で交換していきたいものですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moritaku

Author:moritaku
当ブログへようこそ。
下手の横好きですが趣味のNゲージについての記事を載せていきます。備忘録代わりですのであまりタイムリーではありませんし、更新頻度も高くはありません。
記事で不明な点やご意見、ご要望などがありましたらコメント欄なりtwitterなりでお気軽にお尋ねくださればできる限りお答えいたします(コメントはスパム対策のため一応承認制にさせていただいております)。
twitterはこちら
ブログ内のコンテンツは全てリンクフリーです。

※2023年2月23日:JR東海仕様165系(KATO製品)に追記しました。



↓参加してます。リンク踏んでいけると私のランキングが上昇します。何分私俗物ですから大変うれしくなりますのでご協力いただけるとありがたいですm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

アクセス数

ランキング