fc2ブログ

記事一覧

SLばんえつ物語新塗装(TOMIX製品)

ばんえつ物語客車A
佐久市にあるリサイクルショップでは少しだけ鉄道模型も取り扱っていて、何分小諸佐久地方ではほぼ唯一Nゲージが陳列棚に並ぶお店ですのでたまに訪れてチェックといいますか眺めて癒されるのですが、先日十点ほどの良品が格安で入荷していました。どなたががご事情で手放したとお見受けします。
その中にTOMIX製のばんえつ物語号用客車が三種類ありました。運行当初の茶色とクリームの塗り分けの編成と、現行の両サイドに展望車を連結した編成、そしてその間に見られたのがこちらの青とクリームに塗り分けられた編成です。
実のところ一番安い値付けなのでこれを購入したのですが(税抜き5000円ほどでした)、初期編成と現行編成が同じ値段だったとしてもやはりこれを選んだと思います。そのくらいには三種類の中で一番好みの塗装です。




ばんえつ物語客車B
製品としては、ユーザー取り付けパーツは全て未取り付けながら、サードパーティーの室内灯が組み込まれており、目立つ汚れの見られない美品でした。おそらく室内灯を付けていたがために値付けが安くなっていたのだと思います。
もっとも室内灯は外してしまいました。基本昼間走る車両なので不要かなというのと、どうせならトワイライトエクスプレスにでも流用しようと思いまして・・・もっとも規格が合わず断念しましたが。



ばんえつ物語客車E
それでは簡単に各車を見ていきます。
両端に配するスハフ12です。種車そのままの会津若松側のスハフ12-101と違い、新潟側のスハフ12-102では後位の客窓が一つ埋められています。また製品ではこちらにダミーカプラーがデフォルトで装備されていますが、ちゃんと交換用の台枠も付属しています。


ばんえつ物語客車C
また、両車では若干顔つきにも差異があります。
スハフ12-102のほうは車掌室側妻面に縦の雨どいが増設されていまして、しっかり作り分けられています。
また両車ともむかって左側の車掌室窓が小窓化されてます。



ばんえつ物語客車D
スハフ12-102の窓を埋めたところ。エンブレムがきれいに印刷されています。そのほかのレタリングも細かくきれいです。



ばんえつ物語客車F
中間車のオハ。基本的には種車のオハ12を塗装変更しただけです。



ばんえつ物語客車G
ただしオハ12-316だけは一部窓が埋められています。元は展望車オハ12-1701にあった売店コーナーがこちらに移設されたためです。車体はちゃんと再現されていますが、見たところ車内までは再現されていないようでした。目立たないので特に問題はないと思います。



ばんえつ物語客車H
ばんえつ物語客車I
そして目玉の展望車オハ12-1701。スハフ12を大改造して作られた車両です。今でこそ両端に展望車が連結され、特に片方はグリーン車ですのでそちらの方が目玉扱いなのでしょうが、この当時はこの車両がメインといえました。驚いたことに内部の手すりまでちゃんと再現しています。



ばんえつ物語客車J
それでは手持ちのKATO12系と比べてみましょう。
まずは何と言ってもベンチレーターの違いが目につきます。一体成型のKATOに対してTOMIXはちゃんと別パーツにしていて立体感があります。もっとも一体成型でもそこまで目立たないと言えば目立ちません。
またちょっとわかりづらいですがKATOのほうが車長がわずかに短いです。KATOのものはかなり設計が古いので部品流用の都合でもあったのかもしれません。



ばんえつ物語客車K
車掌室を見ます。KATOの方が車掌室の窓が小さく、テールライトのモールドも少し大きいです。どちらが、ということは無くどちらもちゃんと12系に見えます。TOMIXのほうがシャープでKATOはマイルド、という感じでしょうか。
どちらも手にして良かったと思えるモデルです。



ばんえつ物語客車L
この製品には上級者向けとして、列車無線アンテナ、車体側ジャンパ栓受け、後方反射板が添付されています。いずれも穴を開ける必要がありますが、とくに車掌室妻面に付ける分は穴開けようの治具もありますので、そんなに難しくはありません。とりあえず屋根のアンテナと妻面のジャンパ栓を取り付けました。



ばんえつ物語客車M
この二つを付けるとかなり引き締まって見えます。反射板は好みではないのでつけませんでした。
ですのでこれで完成です。



ばんえつ物語客車N
当然ながらC57-180と組ませましょう。この青系塗装で活躍したあたりだと門デフの方だったような気もしますが、細かいことは気にしません。気にしちゃいけません。



ばんえつ物語客車O
客車の変遷はありましたが、SLばんえつ物語もすっかり定着しました。私はとりあえずこの姿で楽しみたいと思います。


※このモデルは財政難時に下取りに出して現存していません。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moritaku

Author:moritaku
当ブログへようこそ。
下手の横好きですが趣味のNゲージについての記事を載せていきます。備忘録代わりですのであまりタイムリーではありませんし、更新頻度も高くはありません。
記事で不明な点やご意見、ご要望などがありましたらコメント欄なりtwitterなりでお気軽にお尋ねくださればできる限りお答えいたします(コメントはスパム対策のため一応承認制にさせていただいております)。
twitterはこちら
ブログ内のコンテンツは全てリンクフリーです。

※2023年2月23日:JR東海仕様165系(KATO製品)に追記しました。



↓参加してます。リンク踏んでいけると私のランキングが上昇します。何分私俗物ですから大変うれしくなりますのでご協力いただけるとありがたいですm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

アクセス数

ランキング