fc2ブログ

記事一覧

営団3000系(クロスポイント製キット組立)

営団3000A
元々長野電鉄3600系の3両編成を作ろうとクロスポイントの営団3000系4両編成キットを購入してあったのですが、3500系を作ったところでかなり満足してしまい、現実の長電の主力も8500系に移ったことですっかり作る気無くなってしまっていました。そうして組まないまま放置していたのですが、たまたまリサイクルショップで中間車2両分のキットを見つけたので、素組して日比谷線の3000系として組むことにいたしました。フル編成ではありませんが、6両編成ならまあ雰囲気は出せると思います。4両だとちょっと寂しいですけどね。



営団3000I
特に細かいことを考えず、車体は素組みしました。非常によくできているキットだと思いますが、屋根のベンチレーターの受けは少々高すぎてベンチレーターが浮いてしまいますのでそこは少し削ってから組み立てました。
塗装は車体の銀にタミヤのシルバーリーフ、屋根と床下機器はニュートラルグレー、ベンチレーターなどはガルグレーと、近場の模型屋でも簡単に手に入るものを使いました。ちょっと深みのあるシルバーリーフの色調は結構気に入っています。
今回問題になるのは台車で、グリーンマックスから発売されていたこの営団3000系用のFS510台車はすでに絶版となっており、グリーンマックスストアに探しに行っても動力台車用の台車枠しか残っていませんでした。



(注:以下は結果的には失敗談です)
営団3000B
そこでその動力台車枠と、Bトレイン用の走行台車を組み合わせてでっちあげることにしました。



営団3000C
動力台車枠の側面を、このように裏側に少し残してカットします。



営団3000D
すると、ぴったりすっぽりはまります。ちゃんとはまるように裏の突起を削って調整する必要はありますが、まったいらにしてポン付けするよりは格段に良くなります。



営団3000E
ただこの台車、車体のオーバーハングが極端に短いBトレイン用だけあってカプラー柄が非常に短く、そのままではまともに連結できません。そこでTOMIXのアーノルドカプラーLに交換します。
最後に台車上に伸びているピンを削ればGMキットの床下にも使うことができます。・・・ただ車体側も台車の回転止めのピンがこの台車だと干渉してしまうのでそちらも切り飛ばしておくことが必要です。結果として台車がくるくる自由に回りますが線路に乗せてしまえば実用上の問題はありません。

・・・と思ったのですが、試走させたところポイントでの脱線率が非常に高く、結局手持ちの富士急や一畑や長電の鉄コレから台車を拝借いたしました。ここで作ったのはとりあえず展示用としてそれらの車両に取り付けています。



営団3000F
動力車の方は手に入りやすい鉄道コレクション用のTM-06動力を使いました。この動力には標準でFS510の台車レリーフが入っているのは助かります。
ついでに動力の窓上に出る部分がちょうど中央のドア部にかかって目立たなくなったのはうれしい誤算でした。



営団3000J
あとは各車に営団のマークを入れて(ほとんど見えませんが・・・)、先頭車には優先席のマークも入れいています。



営団3000K
行き先は中目黒行きとしました。側面の車番表記は省略しましたが、前面の方はいいアクセントになるので適当に拾って入れておきました。
前面の窓ガラスはそのままつけると横に出っ張って見えましたので、車体の厚みが目立たないよう断面に黒を塗った上で、窓ガラスも少しだけ削って少量のゴム系ボンドで取り付けています。



営団3000L
東京メトロ(営団)7000系と。車体のデザインも長さも材質も制御機器もまるで違う両車ですが、丸いシールドビームに四角いテールライトという意匠がなんとなく血脈の様なものを感じます。



営団3000M
100均で買ったファイルケースに、やはり100均で買ったカラーボードを使ってオリジナルの車両ケースを作ってあげました。



営団3000N

私も東京にいた頃に日比谷線を通勤に使いましたが、そのころにはもう03系だけになっていました。この3000系は子供の頃に東武線の荒川橋梁を走る姿をよく見た覚えがあります。正直子供心には銀一色だけのちょっとダサい電車に思えていたのですが、長電で赤帯をまとって短編成で活躍する姿を見ると、日比谷線現役当時の記憶が急にいとおしく感じたものでした。
細かくこだわらず組み上げましたが、雰囲気は十分に出てくれたと思います。絶版なのが惜しいキットですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moritaku

Author:moritaku
当ブログへようこそ。
下手の横好きですが趣味のNゲージについての記事を載せていきます。備忘録代わりですのであまりタイムリーではありませんし、更新頻度も高くはありません。
記事で不明な点やご意見、ご要望などがありましたらコメント欄なりtwitterなりでお気軽にお尋ねくださればできる限りお答えいたします(コメントはスパム対策のため一応承認制にさせていただいております)。
twitterはこちら
ブログ内のコンテンツは全てリンクフリーです。

※2023年2月23日:JR東海仕様165系(KATO製品)に追記しました。



↓参加してます。リンク踏んでいけると私のランキングが上昇します。何分私俗物ですから大変うれしくなりますのでご協力いただけるとありがたいですm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

アクセス数

ランキング