fc2ブログ

記事一覧

E127系100番台大糸線(KATO製品)

E127大糸線A
長らく信州色の115系や169系などが活躍してきた長野県ですが、すっかりステンレスに信州色の帯をまとった電車が活躍するようになりました。このE127系100番台は東北地区で活躍する701系の流れをくむ直流ローカル線区用電車です。新潟の0番台に続いて松本方面に新製配備されました。
KATOからはまずクハに霜取りパンタを備えた編成が発売され、のちに霜取りパンタのない編成が発売されています。私は前者を購入しました。



E127大糸線B
ケースはたいへん安っぽい・・・もとい簡素なものです。ある意味質実なこのE127系にふさわしいのかもしれません。



E127大糸線H
動力のあるクモハを裏から。このように片側の台車のみ駆動させています。これによって先頭のライト部に十分なスペースを与え、かつ索引力を抑えたモーター付き編成を増結させてモーター無しの増結セットを設定しないKATOの短編成セットの標準スタイルです。


E127大糸線C
二両で走らせている分にはとくに問題はありません。実物も日中は二両でのんびり走ってるのがほとんどだと思います。



E127大糸線D
クモハの屋根上にあるブレーキ抵抗器です。信号炎管やホイッスル、アンテナは屋根と一体成型ですが、こことクーラーをちゃんと別パーツにしているので屋根上はなかなかにぎやかです。


E127大糸線G
クハを横から。車いす対応のトイレを設置するには車端部のスペースが足りないのでこんなところに配置されています。



E127大糸線I
前面。新潟のE127系0番台ではすこし丸みのあるデザインでしたが、この100番台では701系のような安っぽい・・・もとい簡素で質実な直線的デザインに戻りました。新潟みたいな政令指定都市を走らせるなら少しはおしゃれに気をつかうけど山の中のド田舎走らせるならこれで十分ということかもしれません。ただの僻みかもしれませんスミマセン。
それはともかく、ここまで701系に近い造形のこの電車が製品化されていながら、東北地方で広範に運用されている701系はいまだにKATOから製品化されていません。模型的には信州は大変恵まれているということでしょうか。



E127大糸線E
松本方面で運用されているこの電車は私の住んでる地方に来ることはほとんどありませんが、所用でそちらの方に行くことも多いのでその時によく見かけます。
たまにJR東海の313系と並んでいたりするのを見ちゃうとちょっとかわいそうに見えてしまいますが、この安っぽい・・・もとい直線的で簡素なデザインは意外と気に入っています。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moritaku

Author:moritaku
当ブログへようこそ。
下手の横好きですが趣味のNゲージについての記事を載せていきます。備忘録代わりですのであまりタイムリーではありませんし、更新頻度も高くはありません。
記事で不明な点やご意見、ご要望などがありましたらコメント欄なりtwitterなりでお気軽にお尋ねくださればできる限りお答えいたします(コメントはスパム対策のため一応承認制にさせていただいております)。
twitterはこちら
ブログ内のコンテンツは全てリンクフリーです。

※2023年2月23日:JR東海仕様165系(KATO製品)に追記しました。



↓参加してます。リンク踏んでいけると私のランキングが上昇します。何分私俗物ですから大変うれしくなりますのでご協力いただけるとありがたいですm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

アクセス数

ランキング