fc2ブログ

記事一覧

381系パノラマしなの(宮沢模型製品)

宮沢パノラマしなの01
381系のしなのは一度だけ乗ったことがあります。すでに383系が大量に配備され、定期運用から外れ、パノラマしなのと呼ばれるパノラマグリーン車をつなげた二編成のみが主に白馬行きの臨時列車に充当されていた、最後の活躍の頃でした。
名古屋から長野に帰るときにちょうどこの381系しなのが来たので飛び乗ったのですが、白馬行きでしたので持っていた特急券は松本から先が無効になってしまいます・・・それを検札に来た車掌さんも心配して下さったのですが、そこはやはり381系に乗れる最初で最後の機会として木曽路の振り子をしっかり堪能してきました。噂に聞くほど酔わなかったのは線形改良の効果なのかもしれません。
そんな381系しなのは、古くからTOMIXが製品化していましたが、KATOから振り子機構を装備した国鉄時代の編成がレジェンドコレクションとして、続いてパノラマしなの編成が発売されました。一方で設計の古いTOMIX製品は絶版となっています。
順当であればKATOの物を買って満足するべきなのでしょうが、残念ながら発売時に他に入用があったのでスルーしてしまったら市場在庫が無くなってしまい中古市場でもプレミアがつく有様となってしまいました。
そんな中でちょっと懐に余裕が出た冬のボーナスの後、かつて宮沢模型がTOMIX製品とレジン製のパノラマグリーン車を組み合わせて発売したパノラマしなののセットが比較的お安いお値段で出品されているのを見て落した、というのがこのモデルの入手経緯です。なお、それからほどなくして、KATOからパノラマしなの登場時の発売がアナウンスされました。世の中こんなものですorz



宮沢パノラマしなの02
落したものは車両こそ間違いなく宮沢模型のパノラマしなのですが、残念ながら特装のケースと説明書はありませんでした。かわりに昔ながらのTOMIXの車両ケースに収められています。
モデルの姿は私の乗った晩年ではなく、黒い床下でクハが貫通型の0番台となっている登場間もなくの頃の姿です。
レジンという材質に不安があり、かつ高額の設定だったにもかかわらず発売当時は大評判となりました。



まずは目玉のレジン製クロ381パノラマグリーン車から見ていきましょう。
宮沢パノラマしなの03
やはり経年である程度のゆがみが生じています。とはいえ発売当時に皆が恐れていたほどではないような気も致します。
床板や窓ガラスが変形を抑えるガイドになってくれていたのかもしれません。
そもそもの造形自体は適度にダサい(すみません)しなの用のパノラマグリーン車の特徴をよくとらえている良いものですので、このくらいなら個人的には許容範囲かなと。



宮沢パノラマしなの04
正面。
玉子の様なふっくらとしたお顔がよく再現されています。
正面に回り込む帯の塗装は難しかったのか、ずれたり重なったりしていて、光の当たり具合でへこんだりしているようにも見えますが、変形しているということは特にありません。局面の多い前面ガラスとの合いも良好です。
愛称表示器の「しなの」はややオーバーかもしれませんがくっきりと見えてますのでいい感じです。



宮沢パノラマしなの05
前ユーザー様はサボや方向幕、号車札のシールをしっかりとりつけてくださっています。
JRマークも大型のもの。今となってはこれはこれでいいもののような気もします。



宮沢パノラマしなの06
ライトもしっかり点灯します。なにしろ25年前の、それも特製品ですのでライトケースは運転席からグリーン車の座席1列目あたりまでの車内を埋め尽くしてしまっていますが、それでもこうした製品でしっかりとライトが点灯するのは素晴らしいことだと思います。



宮沢パノラマしなの07
テールライトも。写真では少し分かりづらいですが、ちゃんと赤く光ってくれています。



宮沢パノラマしなの08
宮沢パノラマしなの09
中間車はほぼTOMIXの従来品そのままですが、ロットは比較的新しいもので、方向幕はちゃんと開口されています。ただ塗装については屋根を銀ではなくグレーとし、赤2号も当時のTOMIX特急色に見られた鮮やかな赤ではなく、やや落ち着いた色調となっています。
古いモデルながら見る人によってはKATOの381系より実物に近いと評判の優れた造形です。幌がモールドなことと、窓の中央にベネシャインブラインドのレールが表現されていないのが惜しいところでしょうか。



宮沢パノラマしなの10
クハは貫通型の0番台となっています。TOMIXの製品としては、最初は0番台が発売され、長らくそれのみでしたが、スーパーくろしおの製品化を追う形で非貫通の100番台に替わり、さらに後になって0番台と100番台が並行して発売されました。細かいリニューアルを重ねていきましたが、設計も古く振り子機構もないモデルですので、KATO製品が出ていることもあって全て絶版となってしまいました。



宮沢パノラマしなの11
初期製品ではヘッドライトのみの点灯という仕様でしたが、この製品ではちゃんとテールライトも点灯します。
この電気釜の顔もKATOのものよりこちらの方が似ていると評される方は多いようです。どうもKATOのものは~写真で見る限りですが~面長になっているような気がいたします。



宮沢パノラマしなの12
手持ちのもう一つのしなの、383系と並べて。
メカニズムは大幅に新しくなりましたが、運用としてはパノラマしなのを踏襲した、クロ一両を入れた6両編成を基本としています。



宮沢パノラマしなの13
クロはパノラマしなののものを正当進化させたような感じです。パノラマしなのという編成の完成度がそれだけ高かったということなのでしょう。大都会名古屋から山の中にいざなう特急らしい絶妙なイモっぽさ(すみません)もしっかり受け継いでいます。



宮沢パノラマしなの14
振り子機構を持たないTOMIX381系と、振り子機構を持っているKATO383系。意外とカーブでその差は目立ちません。
ただ目に見えて傾斜していることがわかる構図もあるはずですので、やはりできれば381系も振り子させたいなあとは思うのです。



宮沢パノラマしなの15
この宮沢模型のパノラマしなのは、かつてはプレミアも付いていたモデルですが、KATOからパノラマしなのが出て以降は比較的安価に中古市場に流れていることが多いように思われます。造形の好みはともかく、KATOの方が質の高いモデルなのは間違いないので、今となってはあえてこちらを手に入れる理由があるとしたら、もの珍しさとお値段によるところは大きいと思われます。実際私もそうでした。
ただこの程度のゆがみを許容できるなら古いながらも十分によく出来たモデルですので買ってよかったと思っています。
そのまま楽しんでも良いのですが、どうせなら非貫通の100番台クハを手に入れて晩年の編成に加工してあげたいなとも思うのです。
ちょっと珍しくて面白い、パノラマしなののモデルでした。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moritaku

Author:moritaku
当ブログへようこそ。
下手の横好きですが趣味のNゲージについての記事を載せていきます。備忘録代わりですのであまりタイムリーではありませんし、更新頻度も高くはありません。
記事で不明な点やご意見、ご要望などがありましたらコメント欄なりtwitterなりでお気軽にお尋ねくださればできる限りお答えいたします(コメントはスパム対策のため一応承認制にさせていただいております)。
twitterはこちら
ブログ内のコンテンツは全てリンクフリーです。

※2023年2月23日:JR東海仕様165系(KATO製品)に追記しました。



↓参加してます。リンク踏んでいけると私のランキングが上昇します。何分私俗物ですから大変うれしくなりますのでご協力いただけるとありがたいですm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

アクセス数

ランキング