fc2ブログ

記事一覧

東京メトロ7000系7107F(鉄道コレクション加工)

東京メトロ7000系製作98
長々と言いますかダラダラと作り続けてきた東京メトロ7000系の黄色帯仕様ですがようやく完成しました。
鉄道コレクションを塗り替え、小加工、そして電飾化と、振り返ってみればたいしたことはしていないのですが、長年求めていたかつての有楽町線の姿を満足いく形で手にすることができたので感無量です。
製作記事は↓になります。。
東京メトロ7000系製作記
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10
その11



東京メトロ7000系製作99
車両ケースはキャスコの10両用を用意。キャスコHPで公開しているラベルをダウンロードしアレンジしています。



東京メトロ7000系製作100
ケースに収めただけでうきうきしてしまいます。
このタイプは棚にしまうとき車両が立て向きになってしまいますが、全て同じ方向に収納できるので見栄えはとてもいいですね。



東京メトロ7000系製作101
ここからは各車簡単にご紹介していきます。
まずは新木場方の1号車、7107です。
もともとパンタグラフが付いていましたが、のちに撤去されました。



東京メトロ7000系製作102
正面。
これだけアップにすると、東京メトロマークの左端に切り残しが目立ってますね…肉眼ではほとんど気にならないのですが。
それにしても7000系はGMキット、マイクロエース、そしてBトレインでモデル化されましたが、そのどれよりも本物に似た造形だと思います。



東京メトロ7000系製作103
ドアの塗り分けは銀の選定が悪かったのかほとんど目立ちませんが、よーくみると分かりますね・・・分かった気になってるだけかもしれません・・・。



東京メトロ7000系製作104
2号車の7207、3号車の7307です。
こちらは10両化のために増備された3次車になります。
パンタグラフ付きのM車は制御器がVVVFインバータに換装されているはずですが、あまりそれっぽくはありません。まあ見なかったことにいたしましょう。



東京メトロ7000系製作105
4号車の7407と5号車の7507です。5号車と次の6号車には簡易運転台が設置されています。これは車両検査の際に半分に分割するのでそのための回送用運転台です。



東京メトロ7000系製作106
こちらがその回送運転台。結構愛嬌がありますよね。
これが窓から見えるところに乗るとちょっと嬉しかったりしたものです。



東京メトロ7000系製作107
6号車の7607と7号車の7707。ここが1次車と3次車の境になります。動力は7707に入れました。



東京メトロ7000系製作108
8号車の7807と9号車の7907。8号車の妻面にはIRアンテナが装着されています。



東京メトロ7000系製作109
元の鉄道コレクションにはこの表現がありませんので、かなりいい加減で適当にこしらえたのですが、まあまあそれらしくできたのかなと。



東京メトロ7000系製作110
そして10号車の7007です。
私の知らないうちに(笑)女性専用車というやつになってました。



東京メトロ7000系製作111
元の鉄道コレクション、副都心線仕様と改めて比べてみます。
帯だけでなく、LED行先表示も黄帯時代はずっとシンプルです。



東京メトロ7000系製作112
床下は頑張ったかいがあってずっと密度が濃くリアリティのあるものになりました(リアルというわけではありません)。
鉄コレの方も電飾したくなりますね・・・。



東京メトロ7000系製作113
マイクロエースの7128Fとも。
GMキットとは比べ物にならない良い造形に見えたマイクロエースも鉄コレと比べればまだちょっと似てない所があるかな…という感じですね。



東京メトロ7000系製作114
マイクロエースはヘッドライトの主張が強いのと、非常扉上の窓がちょっと狭いのがわかります。



東京メトロ7000系製作115
GMキットと。・・・比べたコメントは控えておきます。私はGMの顔も悪くないとは思います。



東京メトロ7000系製作116
それにしても今回は帯の色をちょっとオレンジ寄りにしてしまったかなーとは思いました。キットの時はキャメルイエロー、今回はキャラクターイエローです。



東京メトロ7000系製作117
ライトと室内灯を組み込んだので、マイクロエースの完成品ともそん色なく並べて遊べます。
このジオラマは本当に似合いますね。



東京メトロ7000系製作118
大変思い入れのある車両のモデルを手にすることは鉄道模型趣味の者として本懐であり感無量です。
有楽町線・黄色帯・1次車3次車混結・B修繕後の姿のこのモデルは長年の夢でした。
第7編成である7107Fにしたこと自体はとくに大きな意味はなかったのですが、7という縁起の良い数字でありながらも副都心線対応車としての改造されることも無く、インドネシアに譲渡されることも無く、副都心線開業後まもなくひっそりと廃車されたこの編成は、黄帯時代のメモリアルモデルとしてちょうど良かったのかもしれません。
結構苦労して作ったモデルで思い入れも個人的には大変強いこのモデルですが、運転会とかでは地味なのであまり目立ちません・・・それでも良いのです。思い入れは本当に強いので。
 
というわけで、東京メトロ7000系でした。長々とお付き合いありがとうございました。
関連記事

コメント

東上線の有楽町線

おつかれさまでした
黄色って発色に苦労する色ですが、とてもきれいに出ていますね
個人的には今回の7107編成の帯色がいちばん「東上線で見ていた帯色」に近いなと思いました。地下鉄の色ってトンネル内で見る色と地上で見る色で雰囲気変わっちゃうんですよね……

Re: 東上線の有楽町線

サマンサさま、コメントありがとうございますm(__)m
確かに蛍光灯に照らされた地下駅構内で見る黄色と、日光の下で見る黄色では印象が異なるものですね。黄色という色は色々な意味でデリケートだと思います。
今回使ったキャラクターイエローは原色よりも優しい色合いで、実感的かどうかはおいておいてとても印象のいい色の帯にできました。思い出ですからきっとこれでいいんだろうな、と。

好例

まずは10両というまとまった加工、本当にお疲れ様でした。電飾まで入り大幅に面目を一新した姿は、鉄コレを素材として活用した重加工の見本と評するのみです。

Re: 好例

秋津のOBさま、コメントありがとうございます。
とにかく今回は欲しいものを手にしたい一心で頑張りました。おほめに預かり光栄です。
鉄コレの電飾は皆さん夢見るところでしょうから、何か参考になれば幸いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moritaku

Author:moritaku
当ブログへようこそ。
下手の横好きですが趣味のNゲージについての記事を載せていきます。備忘録代わりですのであまりタイムリーではありませんし、更新頻度も高くはありません。
記事で不明な点やご意見、ご要望などがありましたらコメント欄なりtwitterなりでお気軽にお尋ねくださればできる限りお答えいたします(コメントはスパム対策のため一応承認制にさせていただいております)。
twitterはこちら
ブログ内のコンテンツは全てリンクフリーです。

※2023年2月23日:JR東海仕様165系(KATO製品)に追記しました。



↓参加してます。リンク踏んでいけると私のランキングが上昇します。何分私俗物ですから大変うれしくなりますのでご協力いただけるとありがたいですm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

アクセス数

ランキング