fc2ブログ

記事一覧

京急旧600系(グリーンマックスキット組立)

京急600型A
グリーンマックスが古くから発売しているエコノミーキットと称する板キットですが、この京急600系は絶版になることなくラインナップに入り続けています。
私は京急の車両は京急新600系タイプのみ所持していたのですが、以前なんとなくキットを作りたくなったとき選んだのが、この600系でした。たぶん新600系タイプとの対比を狙ったのだと思います。製作は15年くらい前でしょうか。そんなわけで実車に「かっこいい電車だなー」と思う以上の特別な思い入れがあるわけではないので、あくまで素組で気軽に組み立てています。



京急600型B
この京急600系は現在の2100系、その前の2000系以前に快速特急用車両として京急を代表していた優等列車であり、人気も高いのですが、現在に至るまでNゲージでの製品化はこのグリーンマックスエコノミーキットのほかに事業者限定販売の鉄道コレクションのみとなっています。不遇と言えば不遇ですが、それだけにこのキットの存在意義が大きくなっています。
私が子供の頃の図鑑で見た記憶のイメージにはかなり近いと思うのですが、いろいろと補正がかかってしまっている可能性があるので何とも言えません。ただ組み上げてみれば洗練された新600系とはまた違った魅力があると改めて思いました。
窓のサッシはエコノミーキットの仕様である車体モールドですが、何しろ大きい窓なので銀で塗っただけにもかかわらずそんなに野暮ったく見えないでいてくれますね。



京急600型C
正面。4両編成2連を固定編成にするので中間に入るものはカトーカプラーにしています。
両端に来る先頭車だけでも窓をハメコミにすれば大きな効果がありそうですが、当時の私では(というか今でも)綺麗に処理する自信がありませんでしたので、側面の窓同様、普通に裏から透明塩ビ板を貼りつけています。それでも窓が大きいので割とすっきりしてくれています。



京急600型D
内装は新600系タイプに負けないよう簡単にプラ板で作りました。
運転席も仕切りパーツを新600系タイプのキットで余った部品を拝借してつけてあります。


京急600型E
この頃のGM製動力の台車に普通にカトーカプラーを取り付けると、トレーラー台車より柄が長いためそこだけ車間距離が広くなってしまいます。そこでプラ片で取り付け位置を調整しすこしでも車間を縮めておきました。



京急600型F
新600系タイプ同様、使用していない車両ケースに専用の内装をこしらえて8両まとめて収納できるようにしています。
ライトも点かないつたない仕上げのキット組立品ですが、新600系タイプと一緒に遊ぶぶんには十分かなと思っています。もっとも実車では同時に活躍したことのない車両なわけですが・・・。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moritaku

Author:moritaku
当ブログへようこそ。
下手の横好きですが趣味のNゲージについての記事を載せていきます。備忘録代わりですのであまりタイムリーではありませんし、更新頻度も高くはありません。
記事で不明な点やご意見、ご要望などがありましたらコメント欄なりtwitterなりでお気軽にお尋ねくださればできる限りお答えいたします(コメントはスパム対策のため一応承認制にさせていただいております)。
twitterはこちら
ブログ内のコンテンツは全てリンクフリーです。

※2023年2月23日:JR東海仕様165系(KATO製品)に追記しました。



↓参加してます。リンク踏んでいけると私のランキングが上昇します。何分私俗物ですから大変うれしくなりますのでご協力いただけるとありがたいですm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

アクセス数

ランキング