fc2ブログ

記事一覧

C62(KATO 旧製品)

旧C62A
ヤフオクで、デフの欠けた旧製品のC62を手に入れました。
性格には客車とのセットで出品されていて、客車の方が欲しかったので落したためにこれが付いてきた、というところです。
このKATOの旧製品C62は、質実剛健を絵にかいたようなロングセラーモデルでしたが、接着で取り付けられているデフパーツが弱点らしく、このようにデフを失った入れ替え仕様?な個体が格安で売られているのを時折見かけます。
せっかく手に入れたので、修復してみようと思います。



旧C62B
デフが欠けたなら、一番簡単なのはサードパーティーのエッチングパーツを使うことなのですが、いくら往年のベストセラーで、その対応品のパーツが出回ったと言えども、すでに本モデルは絶版から長い年月が経ってしまっており、パーツの方も市場で見る機会はほとんどなくなりました。
そこで入手はあきらめ、自作してみることにしました。
ネットに残っているデフのパーツの画像をお借りして、サイズを合わせてはがせるシールラベル紙に印刷、プラシートに貼り付けて切り出します。
プラシートは0.5mm厚を選びました。0.3mmの方が厚さが目立たないでしょうが、大柄なモデルですので、頑丈さも加味してこちらの方が良いと判断しました。



旧C62C
切り出して、型紙のラベル紙をはがします。



旧C62D
上辺から2mmのところに、Pカッターで軽くスジを入れました。そしてスジを入れた側に向けて曲げ癖を付けます。



旧C62E
瞬間接着剤で車体に取り付け、最後に0.3mm厚プラ板を0.5mm幅に切り出したプラ棒でデフのステーを付けていきます・・・これが一番難儀しました。細かくて小さくて・・・。



旧C62F
四苦八苦しながらステーを付けたら、全体を艶消し黒で塗装し、一体成型の警笛に金色を、ヘッドライトに銀色を、ガンダムマーカーで色差しし、自作したナンバープレートを貼りつければ完成です。
ナンバーは48号機にしました。999としても運行できるように・・・。
やっつけに近い加工でしたが、案ずるよりも生むが安しと言いますか、基本は板状で黒塗装のためか、結構うまい感じにできたと思います。



旧C62G
今回は欠損したデフを再生しただけです。
ここからさらにデティールアップしていくのも醍醐味ですが、現在では素晴らしいリニューアル品が発売されていますので、往年の素朴なモデルをそのまま楽しむのもオツなのではないかなと思います。



旧C62H
シール式のナンバー、一体瀬系の汽笛、そしてキャブいっぱいのモーター・・・一周回って悪くないんじゃないかなと。



旧C62I
マイクロエース製品を加工したC62 3号機と。
旧製品は長いです、でかいです。



旧C62J
KATOの旧製品は大きめのサイズということを加味してもボイラー径が大きく見えます。
マイクロエースのもがんばって加工したので悪いとは思いません。
どちらも好きです。



旧C62K
デティールアップはともかくライト点灯化くらいはしてみたい気がしないでもありませんが、とりあえずはこのままで楽しみたいと思います。
それにしても加藤さんの検印がある時代のモデルは流石に初めてですので、これも大切にしたいですね。
関連記事

コメント

お美事にございまする

たびたび推参します。旧仕様シロクニ(ナンバーはプラパーツ仕様ですが)は当記事とだいたい同じような色挿しをして当方も運用してます。しかも令和に入ってとっくに現行品が出た後からという。

確かに蒸機神様のHPで比較写真を見ますと別の国の機関車みたいに大きさが段違いです。しかしながら最後の幹線用急客機らしい迫力を感じますね。モーターの大きさだけではなく、狭軌感を崩さないためでもあるのでしょう。

KATO製シロクニの新旧をHOに例えれば、現行品とシュバーブラインに準えられるとも考えます。精巧な現行品があるからシュバーブラインは無価値、なんてことにはならぬはずです。

何よりもプラ板からのデフ自作、お美事にございます。当方では手が出ませんね。どう頑張っても絶対に狂いそうなのです。

Re: お美事にございまする

秋津のOBさまコメントありがとうございます。
デフについては案ずるより産むがやすしという印象でした。切り出す形さえあらかじめ出せれば比較的簡単にそれなりの格好にはなります。
それにしても古いながらいいモデルだと思います。おっしゃる通り、このモデルの価値は今どきの精巧なモデルとは別のところにあるのでしょう。
デフ以外は本当に頑丈なので楽しく遊んであげたいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moritaku

Author:moritaku
当ブログへようこそ。
下手の横好きですが趣味のNゲージについての記事を載せていきます。備忘録代わりですのであまりタイムリーではありませんし、更新頻度も高くはありません。
記事で不明な点やご意見、ご要望などがありましたらコメント欄なりtwitterなりでお気軽にお尋ねくださればできる限りお答えいたします(コメントはスパム対策のため一応承認制にさせていただいております)。
twitterはこちら
ブログ内のコンテンツは全てリンクフリーです。

※2023年2月23日:JR東海仕様165系(KATO製品)に追記しました。



↓参加してます。リンク踏んでいけると私のランキングが上昇します。何分私俗物ですから大変うれしくなりますのでご協力いただけるとありがたいですm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

アクセス数

ランキング