fc2ブログ

記事一覧

80系飯田線(KATO旧製品小加工)

80系A
旧型国電と言えばグリーンマックスのキットを作る、という時代はかなり長かったのですが、KATOもこの80系から徐々に旧型国電に手を出すようになり、やがて飯田線シリーズと銘打った素晴らしい完成品の旧型国電を出すようになりました。逆にそれら最新の製品に比べてこの80系が見劣りするようになってしまい、フルリニューアルがアナウンスされる運びとなっています。
もっともこの従来の80系も比較的近年に出されている製品ですので、そのスタイルは十分素晴らしいものだと思っています。
KATOの80系は東海道準急に使われた全盛期の長編成セットと、晩年の飯田線をイメージした単品が用意されていました。私は4連で済む単品のほうをそろえています。



80系B
クハ86。サムネイルでも確認できる前面のKATOカプラー密連タイプがファンには不評でした。連結解放性能の信頼性はTNカプラーより高いのですが、電連タイプのため旧型国電にはどうしてもそぐわず、かと言って編成を増結する運用もあるので・・・ということで採用となっているようです。
ただ車体のほうはとてもすっきりとしており、とても好ましい印象です。屋根のベンチレーターは一体成型ですが、これは当時のKATOでは標準であり、私はまあいいんじゃないかなと思っています。どうしても気になるなら削ってパーツつけるのもそれほど苦労ではないと思います。



80系C
モハ80。M付きとM無しを一両ずつ買っています。



80系D
クハ85。この先頭化改造車は有名ですが、このサロから改造されたタイプはグリーンマックスからは製品化されていませんでした。逆にグリーンマックスのキットにはあるサハ改造の100番台はKATOでは製品化されませんでした。なおリニューアルではその100番台も製品化されるそうです。
こちらも先頭部にはKATOカプラー密連タイプが装備されています。



80系E
先頭部のカプラー以外は決して悪いものではない、むしろ素晴らしいモデルだと思います。とくに湘南顔の塗り分けラインはキットで塗装しようとするとかなり難しいので完成品として出ただけでも十分ありがたいことだと思うのです。





 ― おまけ ―

私はこの4連にさらに増結するつもりはないので、先頭部をダミーカプラーにしてしまいました。加工というほどのものではとてもありません。
80系F
最初は、先頭部のボディマウントカプラーとジャンクパーツのKATO製ダミーカプラーを単純に交換しようと思いました・・・が、ボディマウントタイプのKATOカプラーは連結器の基部が床板と一体になっていて外すことができませんでした。

80系G
とりあえず外せる部品を外してみて、しばらく考えた結果・・・

80系H
カプラーの密連の部分をちょん切って、床板と一体になった連結器の基部に接着しました。
軽く差し込める形になるように基部のほうに1.5mmで穴をあけています。そこに少量の瞬間接着剤をつけてはめ込むだけです。塗装もしていません。

80系I
この加工は思考時間も含めて三分かかってないです。軽加工とさえ言えないレベルです。
リアルさを求めるならちゃんと基部を切り取って、新しくサードパーティーの各パーツをつけていく方がいいのでしょうが、なにしろ簡単にできたのでわたしはこれでOKです。さらに言えば、この方法だとカプラーの基部もカバーもまだ生きていますので、別にカプラー部品を用意すればすぐに再生が可能です。今なら飯田線シリーズから採用された旧型国電用の電連タイプではない新しい密連型KATOカプラーの部品がASSYパーツで手に入ります。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moritaku

Author:moritaku
当ブログへようこそ。
下手の横好きですが趣味のNゲージについての記事を載せていきます。備忘録代わりですのであまりタイムリーではありませんし、更新頻度も高くはありません。
記事で不明な点やご意見、ご要望などがありましたらコメント欄なりtwitterなりでお気軽にお尋ねくださればできる限りお答えいたします(コメントはスパム対策のため一応承認制にさせていただいております)。
twitterはこちら
ブログ内のコンテンツは全てリンクフリーです。

※2023年2月23日:JR東海仕様165系(KATO製品)に追記しました。



↓参加してます。リンク踏んでいけると私のランキングが上昇します。何分私俗物ですから大変うれしくなりますのでご協力いただけるとありがたいですm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

アクセス数

ランキング