fc2ブログ

記事一覧

C62 3号機(マイクロエース製品加工)

C62-3A.jpg
すでにKATOから大変すばらしいリニューアルのC62の模型が発売されてからかなり経ちますが、マイクロエースのC62はそれよりずっと前に製品化しており、対抗馬が大柄なKATOの旧製品一種だったところに次から次へとバリエーション展開していました。
特に最初に発売された北海道の2号機と3号機は、二年間だけ動態復活した3号機の記憶も鮮やかな頃であったため、かなり人気は高かったようで、ほどなく追加の再生産もされています。
私もそのころにこの3号機を購入していました。その後、KATOから大変すばらしい3号機が製品化されていますが、すでにこれを持っていたため購入に踏み切れないまま入手困難となってしまいました。



C62-3C.jpg
C62-3B.jpg
購入したときに、ナンバーと副灯を銀河モデルのものに、ヘッドライトと汽笛をKATOのパーツに交換して、全体を艶のある黒で塗るとこまではしていました。
KATOのリニューアル品が出ている今はとくに、その造形に対して非常に厳しい意見が出るマイクロエースのC62ですが、これだけでも割とかっこよく見えてくれます。
もともとヘッドマークとスノープロウが付いている面構えなので、ボイラーの細さと正面の造形のちぐはぐさが拡散されてやや目立たなくなっているのだと思います。



それから時を経た現在、C57-180号機8620で車高下げ加工を経験してしまって、このC62も気になっていたところについ手を加えてしました。煙室扉の下ののぺっとしたところがどうしても気にはなっていたのです。ただここを直すにはどうしてもボイラーの位置を下げなければなりませんでした。
車高下げについては、このC62の場合、中の動力ブロックからいくつかのプラ部品を外してしまえば、先頭部の受けのあたりを削るだけで済みました。
あとはボディのランボードを一度切り離し、1mmほどボイラー下部を削って再接着しています。前面も現物合わせて切ったり貼ったりして、隙間ができたら瞬着とパテで埋めていくという大変強引なものです。
そのほかキャブは少し切り詰め、従台車を少し前方にずらしました。従台車は通電ドローバーにピンではめ込む構造でしたが、二つ穴をあけたプラ片を介して二つのネジで止めてクランク状につなげています。ただこのため台車パーツの前部が干渉し、やむを得ず切り落としたのですが結果として強度が不安定になり車輪も浮きがちになってしまいました・・・ただ走らせてみて走行性能にはさほど影響ないように見えます。
最後に煙室扉周りのごつい手すりは引っこ抜いて、代わりに針金を直接接着しました。
C62-3D.jpg
C62-3E.jpg
結果は・・・やらなきゃよかったという気持ちも正直あります。自分の工作技術の無さがダメな原因なので仕方ありません。
一番の失敗はシリンダーブロックを削りすぎてしまったことです。考えてみれば車高下げてもランボードはその分上がっているのですからほとんど削る必要はなかったわけでして。
もう一つ、スノープロウをジャンクパーツの中にあったGMのパーツに振り替えてしまったことです。形は確かに良くなったのですが、元より線路との隙間が広がってしまいました。
それにデフも少し切り込んだのですが今一つになってしまっています。

C62-3J.jpg
ただ全体のシルエットはある程度でも良くなったと思います。従台車の車輪さえ浮かなければ。




C62-3F.jpg
ここで手持ちのもう一つのマイクロエース製C62、999号と比べてみましょう。

C62-3G.jpg
車高が少し下がっているのがわかります。
煙室扉下の不自然なところが解消されたのもわかります。
デフの内側がやたら汚くなってしまったのもよくわかります。

C62-3H.jpg
製品のきれいさはまるっきり失われてしまいましたが、気になっていた形はなんとか直すことができました。それに今に残る蒸気はあちこちベコベコになっているのをペンキ塗りたくって綺麗にしてるという印象があるので、これはこれでリアルなのかもしれません。わかっています、負け惜しみとかひいき目とかの類です。



C62-3I.jpg
ともあれ手を加えてること自体は楽しかったので、まあよかったと思うことにします。


※このモデルは財政難時に下取りに出して現存していません。












<―追記― 2017年8月21日>

休日に複線線路で走らせたときにモーターの極性が逆になっていたことに気づいて(ホント初心者レベルのヘマですみません)、そこを直すついでに、いつの間にか破損していたデフステーを直したり気になるところを紙やすりで軽く整えたりしつつ車体を艶消しの黒で塗り直しました。
C62-3Z01.jpg
C62-3Z02.jpg
C62-3Z03.jpg
C62-3Z04.jpg
保存機ということで艶のある仕様にしていたのが失敗だったらしく、艶消し黒にしたらすっかり落ち着いてくれました。ついでに煙室扉のハンドルにも金を差して、正面の荒さを少しでも目立たなくなるようにしてみました。
少しはましになったのではないかなと思います・・・。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moritaku

Author:moritaku
当ブログへようこそ。
下手の横好きですが趣味のNゲージについての記事を載せていきます。備忘録代わりですのであまりタイムリーではありませんし、更新頻度も高くはありません。
記事で不明な点やご意見、ご要望などがありましたらコメント欄なりtwitterなりでお気軽にお尋ねくださればできる限りお答えいたします(コメントはスパム対策のため一応承認制にさせていただいております)。
twitterはこちら
ブログ内のコンテンツは全てリンクフリーです。

※2023年2月23日:JR東海仕様165系(KATO製品)に追記しました。



↓参加してます。リンク踏んでいけると私のランキングが上昇します。何分私俗物ですから大変うれしくなりますのでご協力いただけるとありがたいですm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

アクセス数

ランキング