fc2ブログ

記事一覧

キハ58修学旅行色(アシェット「国産鉄道コレクション」Nゲージ化)

アシェットキハ58A
リサイクルショップでアシェットの鉄道コレクションが大量に売られている中で、このキハ58修学旅行色をつまんだのは、もともとナハ10の窓ガラスの交換部品を確保しようと思ってのことでした。
ただ買ってみてしばらく眺めているうちに、これをもう一つ買って二両編成のNゲージ化しても面白いかもと思い、幸いもう一つ売られていたものを確保して加工してみました。はっきり言ってハイグレードモデルのTOMIX製品はおろか、相当設計の古いKATO製品と比べても厳しいところのある造形のモデルですが、私の持っているDCといえばこんなのこんなのこんなのだったりするので、それならあんまりかわらないなあ、と。




アシェットキハ58C
で、こちらがそのモデルになります。ナハ10や他の号の付録同様、Nゲージサイズです。この修学旅行色の前に一般急行色のものもありました。そちらは手にしていませんが単なる塗装違いだと思います。



アシェットキハ58F
正面はなんとなくKATOのものに造形が似ている気がします。参考にしているのかもしれません。車体色に塗られたごついステップが御愛嬌です。窓ガラスの精度は今一つのようですが、それでも頑張ってハメコミ窓となっています。



アシェットキハ58G
一番厳しいのはこの連結器です。ディスプレイモデルとして飾らせるならもうちょっとなんとかならなかったのかなと思ってしまいます。ここはコストの問題ではない気がします。もっとも私の場合は下周りを交換してしまうのでさして問題にはなりませんが・・・。
ただまるっきりダメかというとそうでもなく、実際この連結器を取ってしまえばそれなりにキハ58には見えてくれますし、修学旅行色というのはちょっと風変わりで面白いですし、何より手持ちのジャンクパーツだけで余計なコストかけずになんとかなりそうでしたので、割り切るところはしっかり割り切って、塗装済の車体を生かしてNゲージ化いたしました。



アシェットキハ58B
動力はジャンクパーツで持っていたTOMIX製の古い485系用のものがホイールベースほぼ同じでしたので、それを動力化に使いました。当然ながらキハ58系用の下回りがあれば、それを使った方が全然楽です。



アシェットキハ58H
床下機器は当初余った床から機器を切り出して貼りつけようと思いましたが、加工の手間に比べて効果は薄いと思い、思い切って「写真に撮り、ラベル紙に印刷したうえで薄いプラ板に貼りつけて切り出し、それを両面テープで床下カバーに貼りつける」という方法で済ませました。この時、カバー側の床下機器は極力削っておき、印刷する紙は少しでもプラ感を出すために光沢のあるフィルム紙にしておきました。
アシェットキハ58I
こんな感じです。当然ながら立体感に欠けるものができますが、もともとの床下機器も緻密に作られたものではないのでそんなに遜色あるものにはなりません。
ただ既存の床下と色合いを合わせるのが大変に難しく、何回か試し印刷してみましたが、結局少々明るい色合いになってしまいました。
それでもぱっと見は「ちょっと変かな?変かも?」くらいの違和感で済んでいます。



アシェットキハ58D
そのほか、車体各部の塗装カスレにタッチアップを施し、前面はダミーカプラーを取り付けました。クロスポイント営団3000系キットの余剰部品を使いました。当然実物とは違いますが、ジャンパ栓パーツが付いてるので正面下部が引き締まって見えてくれます。
ごついステップは切り飛ばすのが正解だとは思いますが、このモデルの特徴の一つでもありますので、あえて残しました。さすがにダミーカプラーともども艶消しの黒で塗ってはいます。
このほか、T車の足回りはBトレの走行台車を利用しています。床板の台車受けのほうもBトレの床板を、既存の床板と切り継ぎして使いました。台車の側面は動力台車ともども、元のモデルのダミー台車の側面を切り出してゴム系ボンドで貼りつけています。当然ながらこの辺りも既製品のキハ58系用が手に入るならそれをそのまま使った方がはるかに楽です。
このほかテールライトをわずかに小さくできればもっとよくなるとは思いますが、一度プラ棒で埋めて0.8mmで開け直してみましたがドリルがプラ棒全部持って行ってしまったのであきらめました。パーツを買って使うほどのものではありませんし、大人しくレンズにクリアーレッド差しただけで済ませています。
正面の窓ガラスはとにかく合いが悪いので直したかったのですが、接着剤でつけられているわ少し削ってみて何度嵌め直してみても上手く合わないわで、最終的に諦めています。



アシェットキハ58N
このモデルは分解を前提してないためあちこち接着剤で止められているうえに、窓ガラスの透明プラがかなりもろく、無理に外そうとすると簡単に壊れてしまいます。私も壊しました。客窓が計二つ割れてしまいました。
幸いなことに、ジャンクパーツで持っていた189系サロ用の窓ガラスが近似の寸法でしたので、ヤスリかけてツヤを落としたメタリックテープを細く切り出して貼りつけてサッシ表現した上で補充しました。



アシェットキハ58J
こうして全体塗装こそしないものの思ったより面倒な加工を経てできたのがこのキハ58二両です。非冷房なのでキハ28がなくてもいいかなあ、と。番号も変えてはいません。なんにせよそこまでこだわるモデルでもないと思います。



アシェットキハ58K
ライトも点きません。完成品でもっといいモデルはあります。それでもこうして走ってくれるのは結構うれしいものです。



アシェットキハ58L
まあ実質1500円と手持ちのパーツでここまでまとめられたのでやってよかったとは思います。
なお屋根が別パーツ構成なのですが強力に接着されているため外せず、非冷房のままとしていますが、もしこれが上手く外れれば冷房化改造や、片方の水タンクを削ってキハ28風にするのもよかったかもしれません。そうすれば先年東北地方で走っていたリバイバル修学旅行塗装のキハ58っぽくできたと思います。



アシェットキハ58M
わざわざこんなことをする人は私以外にそうそういるとは思えませんが、こんなこともできるということで。



※このモデルは財政難時に下取りに出して現存していません。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moritaku

Author:moritaku
当ブログへようこそ。
下手の横好きですが趣味のNゲージについての記事を載せていきます。備忘録代わりですのであまりタイムリーではありませんし、更新頻度も高くはありません。
記事で不明な点やご意見、ご要望などがありましたらコメント欄なりtwitterなりでお気軽にお尋ねくださればできる限りお答えいたします(コメントはスパム対策のため一応承認制にさせていただいております)。
twitterはこちら
ブログ内のコンテンツは全てリンクフリーです。

※2023年2月23日:JR東海仕様165系(KATO製品)に追記しました。



↓参加してます。リンク踏んでいけると私のランキングが上昇します。何分私俗物ですから大変うれしくなりますのでご協力いただけるとありがたいですm(__)m

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

アクセス数

ランキング